京都の介護タクシー

車椅子のまま外出・旅行、京都観光でもご利用可能、ホームヘルパー資格取得者で安心・乗車せずに暮らしのお手伝いも可能
安心して暮らせる社会をサポート     近運自二第1373号
京都の介護タクシー。いずみ介護タクシー
■24時間受付・無料相談窓口 ■TEL:075-958-1289 ■E-mail:kyoto@izumi-care.com
メール相談 予約フォーム
Q&A サイトマップ バリアフリー情報

   
京都介護タクシー CONTENTS
TOP
介護タクシーとは・・・?
業務案内
介護タクシー
京都観光
旅行・行楽
生活支援(便利屋タクシー)
車両案内
ご利用料金
ご予約方法
京都介護タクシー INFORMATION
独立開業
採用情報
事務所概要
厳選リンク集
このサイトについて
<プライバシーポリシー>
■相互リンクについて■

京都のいずみ介護タクシーでは相互リンクを募集しております。詳細は相互リンクの募集をご参照ください。
     
いずみ介護タクシー

株式会社
いずみサービス


(本社)
京都府京都市西京区大原野
上里南ノ町344-4

(支社)
京都府長岡京市粟生
川久保6番地

TEL:075-958-1289
FAX:050-1162-8380

国土交通省
近畿運輸局認可事業
近運自二第1373号




対応エリア

京都府全域
京都市西京区・南区・伏見区・
右京区・下京区・中京区・
他京都市全域
長岡京市・向日市・八幡市・
京田辺市・城陽市・宇治市・
亀岡市・大山崎町・久御山町・
宇治田原町・井手町・精華町・
木津川市・和束町・笠置町・
南山城村・南丹市・京丹波町
他京都府全域

★ご利用可能地域

ご乗車地もしくはご降車地が京都府内であれば、京都府内の方はもちろん他府県の方もご利用いただけます。






当社ドライバーにて、
介護タクシーの説明を丁寧にさせていただきます。

契約から開業までの流れの説明
@相談
簡単なお問合せ・ご相談を承ります。
お気軽に、お電話(075-958-1289)かメールにてお問合せ下さい。


A説明会(面談)
契約から開業までの説明をさせていただきます。

 介護タクシーは、開業すれば何もしないで売上があがるわけではありません。いずみ介護タクシーグループえでゃ、ご自分で情報収集していただき、説明を聞いて理解されたうえで、開業していただきたいと考えております。

介護タクシーを始める為の資格

 ■二種免許■

@自分独りで練習して直接、免許試験場で受験する方法があります。
しかし、この方法は、費用は安くなりますが、試験(特に技能試験)のポイント等が理解し難く合格するのは、よほど運転に自信がない限りは難しいと思われますが、自信がある方はチャレンジしてください。

A自動車学校に通う方法です。
 この場合、最短で2週間前後で取得できます。費用は20万前後かかります。取得は教習所に通えば簡単にできます。

 ■ヘルパー2級■

 ヘルパー2級以上の資格を持っていれば尚可。福祉車両であれば資格がなくても可です。ただし、お客様の信頼を得る為には、必須になってきます。
 各地方自治体や民間の養成研修機関が主催しているホームヘルパー資格取得講座を受講し修了すれば、ホームヘルパー 2級の資格を取得できます。又、通信教育で勉強しながら実地を学ぶ方法や、夜間授業などを行っている学校を探し、受講する方法があります。通信講座であっても通信制+通学制のカリキュラム内容となっているところが多いので、できるだけ遠方はさけ、計画的にスケジュール立てて選びましょう。


B体験乗車
1日、当社のドライバーと一緒に、同行していただきます。

 実際にお客様に対応しているのを見ていただく為に同乗していただき、接客方法や車の操作方法、介助方法を見ていただき、介護タクシーを流れを理解していただきます。ご自分で、出来るか出来ないかを判断していただく貴重な機会になりますので、どしどしドライバーに質問していただき、ご検討お願い致します。親切丁寧に説明させていただきます。


Cご契約
 ご自分で出来ると確信したうえで、ご契約いただきます。自信のない方は、成功はありえませんので、厳しいようですが諦めていただきます。また、体験乗車にて、この方は無理と判断させていただく事もあります。

尚、契約前に必ず下記が必要になりますので、ご自分でご確認お願いします。契約後に使用できないとかないようにご注意お願いします。

確認事項


 ■営業所■

@営業所を決めておく必要があります。経費をかからなくする為に、自己所有の家を営業所にするのか、ターゲットを絞った営業所にするのかを決めます。

A用件
1.営業区域内にあること。
2.土地・建物について3年以上の使用権原をもっていること。

 ■車庫■

@営業所を決めておく必要があります。経費をかからなくする為に、自己所有の家を営業所にするのか、ターゲットを絞った営業所にするのかを決めます。

A用件
1.原則として営業所に併設していること.。
    (併設できない場合は、営業所から直線で2q以内であること。)
2.車両の長さ、幅+1m以上のスペースがある車庫であるこ
3.前面道路が国道以外の公道の場合、車両制限令に抵触していないこと 。幅員証明書が必要です。(前面道路が国道の場合は不要)
土地・建物について3年以上の使用権原をもっていること。
4.点検、整備及び清掃のための水道等の清掃施設があること

 ■休憩仮眠施設■

@用件
1.原則として営業所又は自動車車庫に併設することが必要です。
2.併設できない場合、営業所および車庫のいずれからも直線で2キロメートル以内に設置しなければなりません。

尚、事務所・休憩仮眠施設・車庫は、関係する法令に反していないことを確認しなければなりません。関係法令とは、1、建築基準法2、都市計画法3、消防法4、農地計画法、5、車両制限令になります。


D開業準備
 契約後、資金・車両等の準備をしていただくことになります。所要資金の50%以上、かつ、事業開始当初に要する資金の100%以上の自己資金があることが必要です。。

 ■所要資金■

@車両−取得価格または1年分のリース料
A土地・建物−取得価格または1年分の賃貸料
B機会器具及び什器備品−取得価格
C運転資金(人件費、燃料費、修繕費等)−2ヶ月分
D保険料等−1年分
Eその外創業費等−全額

 ■事業所開始当初に要する資金■

@車両−頭金+分割支払金の2ヶ月分または2ヶ月分のリース料
A土地・建物−頭金+分割支払金の2ヶ月分または2ヶ月分のリース料
B所要資金B〜Eの合計額

分割・リースにするか一括購入するか迷いますが、一括購入の場合は事業開始当初に必要な資金が、多く計上されることになるため、この許可要件が厳しくなりますが、分割・リースの場合は用件をクリアしやすくなりますので、ご自身の財産状況でご判断していただく事となります。


 ■使用する車両■

車椅子若しくはストレッチャーのためにリフト、スロープ、寝台等の特殊な設備を設けた自動車、又は回転シート、リフトアップシート等の乗降を容易にするための装置を設けた自動車を使用します。ただし、セダン等の一般車両の場合、介護福祉士若しくは訪問介護員の資格があれば可能です。

・必要とする書類
所有・・・車検証(写)
購入・・・売買契約書(見積書)
リース・・・自動車リース契約書


 ■任意保険■

申請段階では見積書を提出します。
規定では、対人8,000万円以上、対物200万円以上の任意保険または共済に計画車両の全てが加入することになっていますが、対人無制限、対物無制限でお願いします。車両保険に関ししては、入るか入らないで金額が大幅に変わります。車両保険の加入は、運行開始前に検討していただいてもかまいません。

 ■タクシーメーター■
タクシーメーター器により運賃を収受する場合は必要ですので、タクシーメーター会社から見積もりをいただき、提出します。最終的にどのタクシーメーター器を取り付けるかは、許可後運行開始までに検討お願いします。

D陸運局への申請
 所定の書類を陸運局へ申請していただきます。ご自身で申請することも可能ですので、書類の書き方はサポートさせていただきます。ただし、この場合は、訂正や追加などで陸運局へ何度も出向く可能性もあります。不安な方は行政書士に依頼すれば、スムーズに申請できます。行政書士さんも紹介させていただきます。

E実地研修
いずみ介護タクシーのグループとしての自覚を持っていただく為に、実地研修をさせていただきます。

陸運局への申請と同時に実地研修に入ります。
10日間、当社のドライバーと一緒に介護タクシーの乗務に必要な作業や知識を基礎から研修致します。
車椅子の操作、接客方法、車の操作、メーターの操作等、独立された時に不安なく開業していただく為に、合格するまで致します。

内容は、
サポート内容で説明しております。

F法令試験
運輸局による法令試験を受ける必要があります。こちらもサポートさせていただきます。運輸局内で審査され、法令試験合格後許可がおります。
毎月1回。不合格の場合は翌月に再試験。
G車両の購入
法令試験合格後、事業許可が下ります。
車両の詳細は、開業後の売上で説明しております。

車両の発注をしていただきます。車両の選び方も、どのような事業展開を考えておられるかとか、資産状況により変わってきますので、的確にアドバイスさせていただきます。
又、登録免許税30,000円を納付していただきます。

介護タクシーに使用する車両は、車椅子やストレッチャーに乗った状態でそのまま車内に乗車できるタイプや、スロープに車椅子の乗せて、モーターで巻き上げたり、手動で車椅子を押し上げるタイプなど、さまざまなタイプがあります。車両を決める際には、資産状況、どのような営業をされるかによって決めることが重要です。又、構造検査をクリアし、事業用自動車として登録できる車両を購入しなければなりません。車両の選定、申請までのサポートさせていただきます。

H運賃認可申請
運賃の認可申請を提出します。
I備品の購入
メーターと取り付け、備品などを購入します。
J営業研修
最後に、技術があっても、お客様が獲得できなければ売上にはつながりませんので、営業方法及び電話の対応方法等の研修を致します。
最後にルール等の説明を致します。

K開業
準備が完了次第、開始届を提出し開業となります。

介護タクシー開業開業までの流れ開業後の売上/                   
開業に必要な諸経費サポート内容事業者紹介        
ページトップへ戻る

      



★京都の介護タクシー いずみ介護タクシー
★車椅子に乗ったまま外出可能。旅行や観光でのご利用可能。暮らしのサポート(便利屋)もさせていただきます。
★安心してくらせる社会をサポート ★ 京都府/京都市・長岡京市・向日市・大山崎町・八幡市・宇治市・城陽市・京田辺市
Internet Explorerでご覧下さい。Netscapeでは文字の大きさや色が正しく表示されない場合があります。
■サイト内の画像・素材・文章などの無断転載禁止■
COPY RIGHT 2007(C) Izumi Care Taxi company. ALL RIGHTS RESERVED